ハマモト経営HOME                          2015年10月1日開講

メール講座受講者数累計250名突破!

代表者・創業予定者限定 小さな会社社長に最適! 最新メール講座

「経営計画書、兵法でサクッと作る!」

最強戦略に毎日ワクワク、未来が見えてくれば経営は楽しい~

※メールのみでなく、レジュメ、経営計画書の事例もお渡しして分かりやすく説明します。

 

【プログラムの目的】

 豊かな未来像と戦略が勝利を呼び込む!


きちんと利益を出し、会社を発展させることで、

社員、顧客、そして家族と喜び合う!

それには、計画的な経営がどうしても必要です。
計画的な経営は「経営計画書」を作ることから始まります。

ところが、中小零細企業の実態をみると、

・経営計画書がない
・作ってはいるが数値を決めているだけ
・作って発表した後は忘れ去られている

といったケースが多いのです。

このメール講座では、私自身が100社以上の経営計画作りに関わってきた経験と兵法の知恵を活用して、

・小さな会社に最適な経営計画書

を1ヵ月で作って頂きます。

※スピードコースだと2週間強で作成可能です。
ぜひ、あなたの経営計画書で周囲の人たちを幸福に導いて下さい。

                                  濱本克哉

<他のメール講座受講生の皆さんの声>

「30日間はあっという間でした」

「やっと自分の土俵ができた」

「金額的には、最初、躊躇したんですが、結果的には大満足でした!!」

「道が見えてきたのはやはりこのメール講座を受けたお陰です」

「感動を有難う御座いました」

「この講座を受けて本当に良かったというのが、私の偽らざる感想です」

     → メール講座受講生の皆さんの声をもっと見る

 

  【こんな問題を抱えた代表者、創業予定者にお勧め!】

□ まとまった時間がとれず、経営計画書が作れない。
  
毎日、少しずつならできるのだが。

□ 経営計画書の必要性は感じるが、作るのが面倒。
  つい今までの勘と経験で経営をしてしまう。

□ 経営計画書は作っているけれども、
  いつも放ったらかしになってしまう。

□ 計画を立てても、計画どおりにできない。
  ムダではないかと思いつつ、作っている。

□ これから独立する予定だが、
  経営計画書の作り方が分からない。

□ 金融機関に経営計画書を作るように言われている。

 

        【経営計画書作成で気をつけること】

 社長が、

 「経営計画書を作成しよう!」

 と思い立ったとき、誰でも、

 ・書籍
 ・インターネット
 ・経営セミナー

 などで情報収集します。

 しかし、そこで得られる経営計画書の事例は、

 ・立派なもの

 ばかり。

 「うわー、大変そうだ」

 と、この時点で作成を断念するのです。

 どう見ても、1~2週間くらい合宿しないと作れそうにありません。

 何度もトライしようと思ってはやめることを繰り返すうちに、

 「よし、プロに依頼しよう」

 ということで、信頼できそうなコンサルタントに頼むと、
 だいたいにおいて、

 ・数十万円~数百万円

 のコンサルティング料をとられます。

 ※私もそんな料金を頂くコンサルタントの1人です。

 ある程度以上の企業規模があるならば、それでも仕方ありません。

 しかし、

 ・経営計画書の作成に携わるのが社長ひとり

 という小さな会社であれば、

 ・そこまで立派なものは必要ない

 のです。

 それよりも、

 ・「決戦場」を意識し、押さえるべきポイントをきちんと押さえる

 ことの方が大事。

 また、経営計画書がいくら立派でも、その中に

 ・マーケティング計画がないのは致命的

 です。

 これでは「どうやって売上高を増やすのか?」という質問に
 答えられません。

 しかし、意外と多いのです。
 いや、ほとんどの計画書にマーケティング計画がないと
 いってもよいのではないでしょうか。

 小さな会社は、

 ・どうやって売上高を増やすか?

 ということに的を絞った経営計画書を作るべきです。

 事業規模が大きくなると、
 経営計画書作成に携わる人の数を増やさざるを得ません。

 そうなると、経営計画書を一人でサクッと作るという
 わけにはいかないでしょう。

 しかし、あなた一人が頭をフル回転させ、
 従業員に指示を与えて動かしているのならば、

 ・メール講座で毎日コツコツ、計画書を作る

 というやり方で十分です。

 必要最低限の、かつ売上増に役立つ計画書を作成し、
 会社を発展させていきましょう!


 当社のメール講座受講生の皆さんから多くの反響を頂いています。
  ⇒ 受講者の皆さんの声

         【こんな状態を創り上げます!】

  1.自社の戦略的な経営計画書ができあがる

  2.将来ビジョンと戦略が明確化し、やる気が高まる

  3.売上高を伸ばすための方策が見えてくる

  4.社員の力を結集できる

  5.顧客に喜ばれる企業体質作りの一歩を踏み出せる

【メール講座はどんなものか?】

  小さな会社の社長に最適な、

  「経営計画書、兵法でサクッと作る!」

  というメールを活用した講座の全容は以下の通りです。                         


 vol.0.講座を始める前に
     ・役に立たない計画書作成はもうやめよう

 【総論】

 vol.1.経営計画は何のためにあるの?
     ・兵法でも戦う前に計画を練る者が勝つ

 vol.2.経営計画の体系はこうだ!
     ・志と日々の仕事はつながっている

 【戦略検討】

 vol.3.決勝点の探索(1)「己を知る」
     ・大切な問題は自分の中にある

 vol.4.決勝点の探索(2)「彼を知る」
     ・いったい誰が顧客なのか

 vol.5.決勝点の探索(3)「百戦あやうからず」
     ・戦略ドメインと事業コンセプト

 vol.6.商品をどうするか?
     ・何をどう作る?どう仕入れる?

 vol.7.顧客をどうするか?
     ・顧客の姿をハッキリと捉えよ

 vol.8.マーケティングをどうするのか?
     ・アプローチには設計が必要

 vol.9.わが社の将来像
     ・企業ビジョンは理念、戦略と融合させよ

 vol.10.どんな機能を強化すべきか?
     ・問題には先手を打っておけ

 【計画作成】

 vol.11.数値計画を作ろう(1)
     ・商品-顧客マトリクスで狙いを定める

 vol.12.数値計画を作ろう(2)
     ・最低限、これだけは決めておこう

 vol.13.行動計画を作ろう
     ・口と手と足を動かしてこそ会社は発展する

 vol.14.できた!経営計画書
     ・スッキリまとめてあるほど効果が出る

 【公開】

 vol.15.堂々と発表しよう!
     ・周囲の人たちを巻き込んでいく


 この講座は、

 ・兵法的思考を経営計画立案に活用する

 ものです。

 ・経営理念から日々の行動まで首尾一貫した状態が作られる

 ように工夫されています。

 目次だけだと、経営計画に不慣れな方には
 普通の経営計画書作成講座と同じように見えるかもしれません。

 でも、一般的な講座とは大きく異なります。

 この講座で、あなたは、
 まるで将来の成功を間近で見ているかのような

 「戦略的な経営計画書」

 を作り上げることができるのです。


 講座の基本形式は、

 ・私からあなたへの「メール講座送付」

 ・あなたから私への「宿題提出」
 
 の繰り返しです。提出された宿題に対しては、自動配信ですが、毎回、

 ・ちょっと参考になる応答文

 が届きます。そして、講座終了後、宿題を提出された方には、

 ・私からあなたの経営計画書に対するアドバイスをお送りする

 ことをお約束します。

 あなたは、

 宿題を出すだけ

 で、

 自社の経営計画書

 を作り上げることができます。

 このメール講座は、

 ・会社経営者(後継者含む)
 ・個人事業主
 ・創業予定者


 限定です。
 
 経営計画書を立案する立場にある方のみ、ということです。
 
 経営計画を役立てていない経営者はずい分、多いです。
 この講座で、

 「経営計画書は、作り方次第で役に立つなぁ」

 と実感して頂きたいと思います。

 15年前、私が計画書作成のお手伝いをさせて頂いた企業の社長が、

 「今も濱本さんに教えられたやり方で作っていますよ」

 と、つい先日、おっしゃっていました。
 この会社は少しずつですが、発展を続けています。

 ぜひ、あなたも発展に直結する経営計画書を作って、
 周囲の人たちを幸福に導いて下さい。


 さて、これは「経営計画書」を作る実務講座です。

 この講座の受講料は、

 32,400円(税込み)

 です。

 あなたの会社の経営計画書を作成するのに、これが高いか安いか、
 あなたご自身で判断して下さい。
 
 あなたからの申込を受け付け、ご入金を確認した後、
 ご希望のスタート日に最初のメールが届きます。
 (スタート日はお申込み日から2ヵ月以内でお願いします)

 宿題の提出は、「メールが届くたびに必ず」というわけではありません。
 週末に固めて、あるいは何回かまとめて、など、
 あなたの予定に合わせて頂いてかまいません。

 宿題は、私がボケないで生きている限り、いつ出してもらってもかまいません。
 あなたのペースで進めてください。

 ただ、「鉄は熱いうちに打て」とも言いますし、なるべくお早目にどうぞ。

 メール講座Q&Aコーナーも設けていますのでご覧ください。→こちら

 

【講師プロフィール】濵本克哉(はまもと・かつや)

「孫子の兵法」をユニークな視点で経営指導に取り入れ、業種・業態を問わず企業の問題を解決し、発展に導いている経営コンサルタント。兵法経営士。「社長と幹部は『将の五徳』を身に付けることがリーダーとしての必須条件である」と厳しく指導し、組織に勢いを生み出す人材の養成に注力している。

関西学院大学を卒業後、大手流通業に入社。その後、不況にあえぐ中小企業を間近に見て、小さくても強い、「利」と「義」を兼ねそなえた企業を育てなければ日本に未来はないとして経営コンサルタントを志して独立。

経営指導で日夜奔走する中、「孫子の兵法」との運命的な出会いを機に、その応用活用に傾注。さまざまな実戦での効果検証を繰り返して、「孫子の兵法」を活かす独自の経営コンサルティング手法を確立。一貫して「王道経営」を基本に掲げ、儲け主義や浮利を追う経営に警鐘を鳴らす一方、どんな逆境にも決して諦めず、指導先の生き残りのために起死回生の戦略・戦術を練り上げる。これまでの経営指導社数約170社。

現在、ハマモト経営代表。1961年生まれ。長崎県出身。

〔著書〕 

『孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略』(日本経営合理化協会)

〔情報発信〕

●コラム:「経営に活かす“十八史略”」(日本経営合理化協会サイト内ネット社長塾 隔週配信)。(20146月~) 

●情報誌:西日本シティ銀行の経営情報誌『飛翔』、「中小企業が大躍進する『孫子の経営』」連載。(20141月~) 

●メールマガジン:社長が経営に活かす「孫子の兵法」(読者数約17,000名)

【メール講座「経営計画書、兵法でサクッと作る!」概要】

講師 濱本 克哉
実施期間    〔コース〕   〔期間〕  〔メール送付頻度〕
 ●スピード  約15日間    毎日1通
  ●標準    
30日間    2日に1通
 ●じっくり  約45日間    3日に1通  

 ※どのコースもスタート日は自由に決められます)
形式 濱本より講義メールを送付→ 経営計画書を作成して頂く
受講料 32,400円(消費税込)


お申込み → こちら をクリックして下さい。

※念のためもう一度、Q&Aコーナーを見てみる

※念のためもう一度、受講生の皆さんの声を聴いてみる

個人情報保護について
お申込みいただいた個人情報は厳重に管理し、弊社の定めるご案内や資料の送付等の目的以外に使用しません。             また、法令に定める場合を除き、個人データを事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

お問い合わせ → お問合せ

  

 

孫子の兵法   「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」(日本経営合理化協会)
                     当プログラム講師 兵法経営士 濱本克哉著

 

特定商取引法に基づく表示

 

inserted by FC2 system