「孫子の経営」語り続けて18年
中小企業のための 孫子  「兵は国の大事なり」
 集団で戦って勝つ方法は、
 すべて「孫子の兵法」に書いてある。
 HOME  孫子の兵法ブログ   兵法経営士とは  メール講座の評価  講演とコラム  メルマガ広告  西日本シティ情報誌 

 「孫子」を駆使した兵法家のエピソード 「荘子」発想の経営 儒教を学ぶ 代表者プロフィール 問合せ
インターネットコラム(他社サイト)

  「孫子の兵法」の教え1〜15
 シミルボンのコラム


 「十八史略」のツボ1〜15

 シミルボンのコラム

 失敗しないための独立・起業コラム
 
フランチャイズWEBリポート様のコラム


●「孫子の兵法」に関する講演

テーマ:「孫子の兵法」を経営に活かす
〜ピンチはチャンス、チャンスはピンチ〜

 
主な内容:
    1.「孫子の兵法」とは
    2.「孫子」の哲学とは
    3.標的の明確化
    4.情報収集
    5.勝ち易きに勝つ
    6.主導権奪取
    7.隙を生じさせる
    8.トップのあり方
    9.計画性
    10.正道と奇策
    11.勢いを生み出す
    12.将の五徳
    13.「ビジネス兵法10ヵ条」

 詳細はこちらをご覧ください。


 【2018年までの講演実績】

 ・熊本県中小企業団体中央会青年部協議会
 ・公益財団法人ふくい産業支援センター
 ・福岡の金融機関
 ・リース業団体(福岡市内)
 ・内装業団体(福岡市内)
 ・金融業団体(福岡市内)
 ・福岡の地方銀行経営者クラブ
 ・熊本の地方銀行経営者クラブ
 ・大分の地方銀行経営者クラブ
 ・沖縄の地方銀行経営者クラブ
 ・広島の地方銀行経営者クラブ
 ・長崎の食品関連団体
 ・栃木の経営者団体(教育関係中心)
 ・東京のコンサルタント会社主催講演会 など

【講演会参加者の声】
「私がやってきたことは、まさに孫子の経営だった」 (40年連続黒字の不動産会社社長)
「今のような難しい時代こそ孫子の人的ネットワーク重視の教えが重要である」
                           (プロ野球場、ホテル等運営会社会長)
「人をどう動かすか。社長はこれを学ばねばならないと痛感した」
                           (建設コンサルタント会社社長)
「参考になることが多かったので、講演の内容を翌日の朝礼で社員にも伝えました」
                          (内装会社社長)
「私も講演で話されたのと似たようなことを顧客向けに行っていますが、集客効果はとても高いですね」                        (自動車販売会社社長)
「話を聞きながら自社の実態が思い浮かび、胸にジンジン響きました」 (住宅建築会社社長)
「事後に感想を聞いて回りましたが、皆さん、とても参考になったとのことでした。ありがとうございます」                      (講演会主催会社社長) etc.





●お問合せ
 講演の開催、経営のご相談、その他のお問合せはこちらからどうぞ。   
                          ↗



兵法経営協会 (創業1997年 ハマモト経営 代表 濱本克哉)
mail to:info@hamamotokeiei.jp

無料メルマガご登録
社長が経営に活かす
「孫子の兵法」(まぐまぐ)

(読者数14000名)
最新号、バックナンバー
メールアドレス:
「孫子」自社配信版はこちら

経営コンサルタントで独立・開業!安定収入をあなたの手に
→ご登録はこちら
著 書

孫子の兵法〜社長が経営に活かす70の実務と戦略
「孫子の兵法」〜社長が経営に活かす70の実務と戦略
日本経営合理化協会刊


推薦サイト・本
「孫子の兵法」のサイト

 「孫子の兵法」を基礎から
 学ぶなら、断然こちら↓

 「孫子に学ぶ
 脳力開発と情勢判断の方法」

私に「孫子の兵法」を教えて下さった、佐野寿龍先生のサイトです。

●書籍

『荘子』
荘子はおもしろいです。ファンが多いのもうなづけます。

『老子』
兵法を学ぶのに「老子」は不可欠です。究極の兵法ともいえます。


『十八史略』
兵法を理解するには歴史の勉強もした方がよいです。これは安岡正篤氏による解説本。要点が分かります。

『小説十八史略』
十八史略をおもしろおかしく読めます。ただ小説なので著者の想像や正史の内容も含んでいます。その点はお気を付け下さい。

『武士道』
言わずと知れた新渡戸稲造の武士道論。これによって世界中に武士道が広がりました。


『葉隠』
「武士道といふは死ぬことと見つけたり」いう一句が有名。新渡戸武士道とは一線を画します。


『甲陽軍鑑』
武田信玄の戦略・戦術論、人材育成法などが、とても参考になります。

『易』
易の本はいろいろありますが、これはちょっと本気になりかけている方に良いでしょう。

五輪書
宮本武蔵の兵法書。剣の道の奥義が書かれています。主導権を握る極意など、経営にも通じます。


inserted by FC2 system